感謝のことば「ありがとう」を言えない日本人のために。今すぐすべき2つのこと-人間と快楽適応の闘い-

感謝のことば「ありがとう」を言えない日本人のために。今すぐすべき2つのこと-人間と快楽適応の闘い-
Pocket
LINEで送る

皆さんは普段から感謝を言葉にして伝えていますか?

人には「快楽適応」という能力が備わっています。平たく言えば「ありがたみを忘れる」ということです。

日々の生活に対する感謝は、次第に「当たり前」となり自然と淘汰されていくものなのです。

そもそも「ありがとう」は「有難し」が語源であり、有ることが難しい、つまり「当たり前」と対をなす言葉です。

皆さんにも経験があるのではないのでしょうか?

親元を離れ、初めて1人暮らしを経験し、今まで色々なことをしてもらっていたことに気づいた時。

初めての海外旅行で日本語が全く通じず、言葉が通じることが当たり前ではないことに気づいた時。

アジアを旅した時に道で多くの物乞いを目にし、自分がいかに恵まれた環境で生きているのかのを痛感した時。

「congnition and emotion」という雑誌に掲載された調査によると、他人に一緒に居たいと思ってもらう最大の秘訣は、感謝の気持ちを持っていることに他ならないとあります。感謝こそが人間関係を良好に保ち、幸福を長続きさせる基盤になることがあらゆる研究で明らかにされています。

感謝の気持ちを忘れないために

では、人は「ありがとう」を忘れないためにどうすればよいのか?

答えはとてもシンプルです。

その感謝の気持ちが自分に適応しないうちに新たな刺激を与えてやればいいのです。

つまり、環境を変えるということです。あるいは、定期的に日々の感謝を再認識するということです。

例えば、以下の2つの方法を試してみるのはいかがでしょうか?

日常から抜け出し旅に出よう!

今ある生活から抜け出し、日帰りでもいい、旅に出てみよう。

出来れば、海外に行くのが1番ギャップを感じられると思いますが、そんな時間もお金もないよという方も多いでしょう。

そんな大きな旅をしなくても1日の休みさえあれば、スマートフォンや地図を手放して、行ったことのない場所を探索してみるのはいかがでしょうか?(お金も置いていくというツワモノがいれば、もっと面白くなると思います!)

使ったことのない電車の路線に乗り、名前しか聞いたことのない駅で降りてみる。そこで、色んな人に道を聞いて助けを借りて、その土地の美味しいレストランなオシャレなカフェや服屋さんを探してみる。

日々の多忙な暮らしを送っている生活に比べると大きな刺激になるに違いありません。

また、外に出るのが億劫だという人もいるでしょう。

そんな人は擬似体験がオススメです。

今は本当に便利な世の中ですから家にいても、youtubeや本を通じて、自分の知らない世界のことを知ることが出来ます。

試しに、「世界の子どもの現実」、「日本と世界のギャップ」などのワード検索をしてみるのはいかがでしょうか?10分で、自分がいかに井の中で生活しているのか、日本の常識が世界の非常識なのかを知ることが出来ると思います。

行動では伝わらない!「ありがとう」を言葉にして届けよう

今日出会った人に1人1回ずつ「ありがとう」と伝えてみる

わざわざ旅に出なくても、感謝の意識さえすれば普段の生活をしている中にもたくさんの感謝が眠っていることに気付きます。

ユニクロなど企業の中には「サンキューカード」なるものを導入し、チームにありがとうを伝えるよう推進しているところもあります。また、感謝の気持ちを表すバースデー会や、一番感謝された人を表彰する制度をつくった会社もあります。

毎日1人以上の人と会話するという人は、ぜひその人に直接ありがとうの気持ちを伝えてみてください。

それだけでお互いの幸福度が上がり、気持ちのいい毎日を送ることが出来ます。ちなみに身近に幸福度の高い人がいると、自分の幸福度が15%上がるという研究結果もあります。

友人の友人の幸福度が高い場合でも間接的に7%自分の幸福度を上げてくれるそうです。

日本人は「ありがとう」よりも「すみません」が好き?!

統計によると日本人は一日に7.5~10回程度「すみません」を口にするそうです。

上司にご飯をご馳走になっても「すみません」

物を借りる時にも「すみません」

電車で席を譲ってもらって「すみません」

相手も自分も謝罪の言葉なんて期待していないのにも関わらず、なぜこんなにも「すみません」ばかり使用するのでしょうか?

これからは、ぜひこの記事を参考に日々の有難い物事を意識しながら生活してみてください。

今日からあなたが大好きな「すみません」をやめて「ありがとう」の伝道師になってみましょう。今すぐにでもだれかに「ありがとう」を届けてみませんか?

”Everyone wants to be appreciated, so if you appreciate someone, do not keep it a secret.” 

-誰だって感謝されたいものよ。もしあなたが誰に感謝しているなら隠さないで。-

メアリー・ケイ・アシュ

考え方/哲学カテゴリの最新記事